地盤調査 土壌汚染調査 建設コンサルタント 測量 ボーリング工 原位置試験 室内土質試験 地下水調査 構造物調査 物理探査 動態観測

光貴基礎コンサルタント株式会社
HOME
会社案内
営業品目
地盤調査
土壌汚染調査
建設コンサルタント
測量
地盤調査業者をお探しの方へ
お問い合わせ
採用情報
光貴基礎コンサルタント株式会社
■東京本社
03-3577-8251
■山梨営業所
  TEL:0553-20-5271
原位置試験
HOME地盤調査 > 原位置試験
土の性質を調べる試験は大きく分けて、試験室で実施する室内土質試験と現地で実施する原位置試験の2種類があります。ここでは、室内土質試験では難しい広い地域の土の性質を知るための原位置試験を紹介します。
標準貫入試験 常時微動測定
孔内水平載荷試験 スウェーデン式サウンディング試験
現場透水試験 平板載荷試験
PS検層    
標準貫入試験
ボーリング調査において最もポピュラーな試験であり、JISに規格されている。試験は、63.5±0.5kgの重りを高さ76±1cmの高さから落下させて30cm貫入するのに要する打撃回数をN値として表す。N値をもとに多くの設計がなされる。
孔内水平載荷試験
ボーリング孔を利用し、地盤の水平方向の強度・変形特性を把握し、杭等の水平方向の設計に利用される。試験は、ボーリング孔内でゴム製の筒を水圧で膨らませてその圧力と膨張量の関係から変形特性を求めるものである。
現場透水試験
ボーリング孔を利用して帯水層の地下水特性を把握する試験。試験は対象とする試験区間を裸孔として、孔内に注水または汲み上げをしてその水の下降または上昇する速さの関係から透水性を把握し、さらに落ち着いた平衡水位を把握するもので、地下を有する建物や埋設管等の設計に利用される。
PS検層
ボーリング孔を利用して地盤のP波・S波を把握する試験。現在試験は主にサスペンション法により行われ、孔内に設置した装置内にて振動させ孔壁を介して波動を受信する。結果は、地震波による建物への検討等に用いられる。
常時微動測定
地震時の地盤および構造物の振動特性を把握する試験。測定は通常μm以下の振幅で周波数は1〜20Hz程度である。測定結果は解析され卓越周期を求める。結果は、地震による振幅が建物に与える影響を検討するのに利用される。
スウェーデン式サウンディング試験
人力で出来る簡易な地盤調査として知られており、最近では機械式の自動測定も用いられている。試験は先端がスクリューになっているロッドに荷重を載荷、回転を加える等により土の回転抵抗を測定し換算N値等により評価するものである。もとは、ボーリングを補完する役割であったが、近年では戸建て住宅用の調査として広く利用されている。
平板載荷試験
地盤の支持力を直接的に把握する試験。試験は、確認する支持力に応じた反力を用意して、確認支持力を8分割して油圧ジャッキにより載荷板を地盤に押付てその沈下量を測定する。結果は、支持力の判定が主であり、その他変形係数等も求められる。
■営業品目
地盤調査 [ ボーリング作業状況原位置試験室内土質試験地盤調査の流れ ]
土壌汚染調査 建設コンサルタント 測量
このページのトップへ戻る
HOME会社案内地盤調査土壌汚染調査建設コンサルタント測量
地盤調査業者をお探しの方へお問い合わせ採用情報
光貴基礎コンサルタント株式会社 地盤調査 土壌汚染調査 建設コンサルタント 測量 ボーリング工 原位置試験 室内土質試験 地下水調査 構造物調査 物理探査 動態観測 
光貴基礎コンサルタント株式会社 (本社)
〒179-0073 東京都練馬区田柄5-27-12 アイコスビル1F
TEL:03-3577-8251 FAX:03-3577-8253